本文へ移動

会社案内

社長メッセージ

 当社は、自動車鋳物製造用珪砂の需要増加に伴い、主に関東地方を中心とした珪砂の供給を目的として、昭和36年(1961年)に親会社である株式会社瓢屋により設立致しました。 以来、自動車を中心とした鋳物部品製造用、建材・土木資材用などの用途に向けた様々な粒度の珪砂を供給してまいりました。
 また、珪砂とセメントや薬剤等を混ぜ合わせたミックス製品の需要も増加してきており、幅広いモノづくりに取り組んでおります。
  お客様のご要望に誠実に対応し、珪砂の安定供給システムのナンバーワンを目指してまいります。
代表取締役 木下 清孝

会社概要

会社名
日瓢礦業株式会社
本社所在地
〒322-0305 栃木県鹿沼市口粟野3158番地
電話 0289-85-2155
FAX 0289-85-2156
東京営業所
東京都江東区永代二丁目 19-7
日瓢鉱山
栃木県鹿沼市入粟野 1510番地
代表者
代表取締役 木下 清孝
創業
昭和36年 12月 9日
資本金
3,000万円
社員数
30名
業務内容
珪砂製造及び販売
建築・土木資材の製造及び販売 
 前各号に付帯関連する一切の業務
お取引先
株式会社 瓢屋
日立金属株式会社
アイル株式会社
浅田製粉株式会社
旭有機材工業株式会社
株式会社アジアホールディングス
泉工業株式会社
宇部興産建材(株)
王子マテリア株式会社
クリオン株式会社
昭和KDE株式会社
昭和電工マテリアルズ・テクノサービス株式会社
住友大阪セメント株式会社
ソマール株式会社
太平洋セメント株式会社
テクノメタル株式会社
東都礦産株式会社
株式会社東北機械製作所
株式会社ニッチツ
日本プラスター株式会社
日本貨物鉄道株式会社
福島製鋼株式会社
ユニオン貿易株式会社

沿革

1961(昭和36)年12月設立・鋳物砂製造販売開始
1962(昭和37)年11月 栃木県採掘権の登録
1967(昭和42)年 7月 細割クラッシャー導入
1969(昭和44)年10月 大割クラッシャー導入
1974(昭和49)年10月 遠心破砕機自社開発装置
1985(昭和60)年 6月 自動袋詰機・パレタイザー導入
1991(平成03)年 9月 ケージミル・エアセパレータ導入
1995(平成07)年 7月 トラックスケール設置
1997(平成09)年  5月 PSS新製品製造出荷
1999(平成11)年  6月 ロータリードライヤー導入
2002(平成14)年  4月 モルタル製造設備新設
2004(平成16)年  5月 細割クラッシャー更新
2013(平成25)年10月 新日瓢鉱山(岩岳鉱区)採掘開始
2015(平成27)年  1月 自動包装ライン・ロボットパレタイザー導入
2018(平成30)年  9月 振動スクリーン 増設
2020(令和 2)年  5月 トラックスケール 能力増強
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0289-85-2155
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る